2020.08.25 [学習メモ] 極域の話

  • 既往研究
    • Cohen et al. (2014) 極域で、極端に寒い日が増えている
      • 2000年くらいがターニングポイント
      • これがちょうど海氷の減り始めた時期と対応している
  • 勉強したこと
    • 海氷が減る
      • (1) 高気圧の極域が低気圧性の偏差
      • (2) 極の蛇行が大きくなる
      • (3) 寒い日・暖かい日が増える
      • (4) 極端に寒い日が増える!
    • 極循環
      • 地表面付近は高気圧
      • しかし、大気上層は低気圧性
    • 同位体
      • 全球どこでも、海水の同位体比は一緒
      • しかし、同位体は重いので、雨となるとき、重いものから落ちる
      • 極でOPEN WATERが増えると、高い同位体比の水が供給される
      • 高い同位体比の降水が増える
  • kotsuking
  • 関東の某国立大学、准教授。他に、JST・さきがけ研究員、理研・客員研究員、気象予報士。京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です