2020.07.21 [学習メモ] 科研費審査についての調べもの

メモ: 緑字は小槻の戦略


  •  科研費への応募
    • 重複制限が大幅に緩和
      • 若手 & 基盤B で応募したい
  • 大事な点
    • 科学的問いがしっかりしているか?
  • 審査について:6人の合議制
    • 専門分野:1-2名
    • それ以外:2-5名
    • 4人から、4点を取る
  • 水工学分野の特徴 (as of 2020/07/21)
    • まだまだ、機械学習研究はねらい目
      • https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?qd=%E5%B0%8F%E5%8C%BA%E5%88%8622040%3A%E6%B0%B4%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E9%96%A2%E9%80%A3&fc=ca%3A%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E7%A0%94%E7%A9%B6(B)%2F000069&st=41
    • タイトルが皆さんキャッチ―
  • 小槻的メモ
    • 誰かに読んでもらう(e.g. AOさん)
    • キャッチ―なタイトル
      • シミュレーションとの融合
      • 3本の矢(MOS, 事前学習, …?)
    • やっぱ富岳でしょ
  • 審査評点基準: 4点満点
    • 研究課題の学術的重要性
      • 学術的に見て、推進すべき重要な研究か
      • 核心をなす重要な問いは明確か?
        • 仮説 & 仮説 & 仮説
      • 着想に至る経緯は明確か ?
        • 流れを意識させる(若手B、基盤B)
    • 研究方法の妥当性
      • 準備状況
      • 計画の妥当性
    • 研究遂行能力
      • 実績
        • 研究的能力: 英語論文 
        • 客観的評価: 准教授、EDITOR
        • 狙い: 気象・水工分野をつなぐ研究を進めたい
  • 審査員の想い
    • 枠無し革命、実績偏重の是正、要求は「確信を為す問い」
    • 審査員も評価されている(他の審査員の評価と大きく離れていないか?)
    • 直感的な評価と、ガイドラインに沿った評価が一致しない
  • 実際Research Mapは見ているか?
    • 正直低い。実績くらいか?
  • kotsuking
  • 関東の某国立大学、准教授。他に、JST・さきがけ研究員、理研・客員研究員、気象予報士。京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です