2020.04.29 [考え事] さとみ幸福論 vs. 優等生の作文

友人にモヤモヤを整理してもらいました。魅力的な語りをする人は、どういう人か(したい)。

  • 雑談力: 自分の言葉で話す習慣。感性を信じること。自分が面白いと信じること。自分の言葉こそが、人が聞いたことのない話。
  • 生理力: モヤモヤしたことを、二軸で整理していく習慣

今の自分の課題とも通じるのだが、より各論や経験に基づいて判断・思考・咀嚼・話を敷けるようになりたい。
優等生の作文、だめ、絶対。

  • (1) 現象、各論、帰納、経験
  • (2) 方法、一般、演繹、合理
  • (1)と(2)では、(1)の方が面白い話になる可能性が高い???

 

考える題材にしたこと

  • 2020.04 森林火災MTG。
    • 現象に基づく人の、会話の面白さ
  • 2020.04 Y. E.の会社の飲み会
    • イマイチ話がもりあがらない感覚。分かる。
  • 2019.10 結婚式の後にて
    • ボードゲーム。そういう人の話って、すごく面白い。
  • 200x.xx さとみ幸福論
    • 自らの感性に基づいて、自分の言葉で表現する
    • 一方、自分は会話をスティールしていたような気もする
      • 結構しゃべってたらしいけど。

 

  • kotsuking
  • 関東の某国立大学、准教授。他に、JST・さきがけ研究員、理研・客員研究員、気象予報士。京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です