2019.10.11-21 [メモ] インド旅行

ずっと行きたかったインド旅行へ.ビビりな自分ではあるが,大きな後悔は1つくらいで,やりたいことをやり切れて満足.

自分の旅で何を想ったか,一つだけ挙げるならば,多様性とディープだろうか.
・多様性:宗教(ヒンズー,イスラム,シク,ジャイナ),貧困と現代化(カルカタとデリー),多すぎる人々(カルカタ,バラナシ,デリー).
・ディープ:コルカタの終わりが見えない貧困.バラナシの火葬場.アムリトサルの幻想的雰囲気.ハウラー駅の熱気と混沌.良い人と騙そうとする人.クラクションの鳴り響く道路.
個人的なハイライトは,カルカタ・バラナシ・アムリトサル.

インド旅行をしたくらいで変わる価値観ではなかったが,間違いなく訪れて良かった.多様性や深みは,残念ながら時代と共に薄まる気はする.
残念ながら,捉われはしなかった.どこか,冷静にリスク勘定をしていた自分もいる.もう一度行くなら,覚悟が必要(それなりにしんどい).
自分の中に何が残ったかというと,まだ知らない世界を知覚できた経験だろうか.一緒に行ってくれた二人に感謝.


  • 時系列
    • 2019.10.11 (金) 出国
      • 14:30 のベイシャトルで出発
      • KIX–>HKG–>CCU (カルカッタ) 深夜着(25:30くらい)
      • プリペイドタクシーでホテルHHIへ(950ルピー)
    • 2019.10.12 (土) @カルカッタ
      • 8:00出発.
      • カーリー寺院(taxi, 100Rs).地図を読めないドライバーと格闘,疲弊.
      • カーリー寺院.あまりの人の多さに圧倒される.チキって中に入れず.
      • 地下鉄でインド博物館へ.あんまり楽しくない.
      • NEW MARCKETで帽子購入.すぐに無くす.IBMの人は本物か?
      • 徒歩でヴィクトリア博物館.
      • CCU・ハウラー駅へ(taxi, 200Rs).ハウラー橋を渡る,果てしない人の群れ.駅の熱気.
      • ジャイナ教寺院へ(taxi, 400Rs).しかし,迷子.
      • 地下鉄&トゥクトゥクでビルラー寺院(ヒンドゥー).
      • ホテルへ一旦帰る(auto, 150Rs).
      • オー・カルカッタで晩御飯.ココナッツカレーがすこぶるおいしい.右手で食してみる.
    • 2019.10.13 (日) @バラナシ
      • 7:30 ホテル発
      • 9:30–>11:00 CCU to VNS
      • バラナシ駅へ (taxi, 600Rs).鉄道チケットを購入.駅なのにクレジットカード使えず.
      • ホテル着 (uber, 150Rs).牛の糞尿まみれる小道を通って.
      • バラナシ散策.特に,マニカルニカ・ガート.
      • ヴィシュマリサード・寺院.これがシヴァ...?
      • 一旦ホテル帰着.
      • 18:30–> ダシャシュワメード・ガートでヒンドゥーのライブ.何この世界...
      • 路地の食堂で晩御飯.腹は壊れなかった...!
    • 2019.10.14 (月)@バラナシ
      • 5:30 ガンジス川クルーズ (800Rs)
      • 7:15 沐浴 & 打ち上げ花火の儀式.
      • 8:00 朝食@ホテル
      • –>13:00 バラナシ散策 (ダシャシュワメード,大学の博物館, 200+200+100 Rs)
      • 大学の博物館が素晴らしい.ダンシング・ガネーシャ!
      • サルナクールを一回りして,空港へ (1000Rs)
      • VNS–>DLH Flight
      • uberでデリーのホテルへ.(約400Rs)
    • 2019.10.15 (火)@アグラ
      • 6:00–>8:00 DLH–>AGR by Train (一人1000Rsくらい).スーパー快適鉄道.遅延なし.
      • AGR –> ホテル (150Rs).その後,オートリキシャを貸切.(1000Rs?)
      • 10:00タージマハール
      • 13:00 アグラ城
      • 14:00 Lunch.
      • 15:00 タージマハル対岸.
      • 16:00 大理石工場.クリケット出来ず.
      • 16:00 ホテル着.バタンQ.
    • 2019.10.16 (水)@ジャイプール
      • 8:00 –>14:00 AGR –> JPU.1:30遅延.インドハジマタ.
      • 女子の二人旅.すげぇ&かわいい.
      • ホテル移動後,オートリキシャの貸切(1400Rs).
      • WATER PALACE, AGRA FORT, 象,ヒンズーの寺院
      • 18:30–>21:00 LARGE MANDIRでWARを鑑賞.めちゃくちゃ面白い.
      • 22:00 ケバブ屋さんで晩御飯.腹は壊さなかった!
    • 2019.10.17 (木)@ジャイプール
      • 9:30–>11:30 ガルタ&モンキー寺院.隠れスポットでなかなか素晴らしい.
      • 13:00–> City Palace, 風の建物,バザール,Museum(オートリキシャ,1000Rs+200Rsチップ)
      • 16:55–>20:55 JUP –> ATQ アムリトサル
      • taxiでホテルへ (400Rs).
      • 黄金寺院.何これ,凄い.
    • 2019.10.18 (金)@アムリトサル
      • 黄金寺院とシク教の博物館.抑圧の歴史.死者の額は何だったのだろう?聖戦?
      • partition museum. パンジャーブ州は,インド・パキスタン分離の際に分割されてしまった州.シク教の聖地のいくつかは,パキスタン側に.
      • 食堂で昼食.チーズみたいなものを揚げたやつがおいしい.
      • 一旦ホテルで荷物をpick up
      • ワーラー国境.インド・パキスタン唯一の陸路国境.
      • 国境閉鎖式.なにこれ,楽しい.お前ら,仲良しだろ
      • とおもったら,その日の深夜にカシミールでインド・パキスタン紛争で双方に死者.次の日はどんな感じやったんや...
      • 空港へ.飛行機が2時間遅れる.インド始まった.
      • 24:05 –> 26:00 ATQ–>DLH
      • taxiでホテルへ (600Rs).予約が確認できず,ひと悶着.旅で一番の疲労困憊.4:00就寝.
    • 2019.10.19 (土)@デリー
      • 11:00 起床.疲労がたまり始める.
      • 12:00出発.ラール・キラー & チャンドニー・チョウク
      • 15:00 メトロでアクシャル・ダムへ.音楽からして雰囲気出しに来てる.
      • 18:00 ハス寺院.閉まって入れず,残念.
      • 19:30 コンノート・プレイス.なにこれ,普通の先進国やんけ.
      • 20:00 晩御飯.カレーが複数種類あっておいしい.ただ,めちゃくちゃ油っぽい.
      • 22:00 チャンドニー・チョウクに立ち寄ってから帰宅.リキシャ (100Rs&オートリキシャ200Rs)
    • 2019.10.20 (日)@デリー
      • 10:00出発
      • 地下鉄&オートリキシャで遺跡×2(クティブ・ミナール&トゥグラ・カーバード,100+400+200Rs)
      • 途中,ジャイナ教の寺院に立ち寄る.大音量で歌い上げる僧侶.楽しい宗教.
      • フユマーン廟.小さいタージマハル.
      • マーケット.警察に取り締まられる人々.頭上で仲間を捌かれる鶏の悲しみ.
      • 17:30 一旦ホテルで荷物pick up.髭を剃るふくしくん.
      • 18:30. コンノート・プレイス(200Rs).やや腹が痛くなり次始める.早めに切り上げて空港へ.
      • シャワーを浴びる.快適.この時点であと3時間.
      • ダンシング・ガネーシャを発見.2000Rsは流石に高い.
    • 2019.10.21 (月)帰国
      • 01:05 –> 09:20 DLH –> HKG
      • 10:10 –> 14:35 HKG –> KIX
      • 16:30 三ノ宮,17:00帰宅.
  • 考えの移ろい
    • 総じて
      • 物価差の暴力が可能.概ね,日本の10~5倍くらい安い
      • 忘れられた日本人を回顧.地図が読めない,文字が読めない,時間感覚があまりない.刹那的.
      • お腹は壊れなかった.水と,手の消毒を気を付けたおかげか?
      • イスラム系の人が,なんか信用できる(アグラ&ジャイプルのおっちゃん).良い宗教なのか???
      • 10月は乾季だったためか,雨は一度もない.快適.ただ,アグラ&ジャイプールは乾燥しすぎ or PM2.5で喉をやられる.咳が止まらない.
      • インドの女性か,目がクリっとして,かわいらしい女性が多い.サリーも原色・カラフルで綺麗に似合っている.
      • 物乞いは思ったより多くなかったし,それほどしつこくもない.島耕作で見たような,手を切り落とした子は見かけなかった.
      • コルカタ –> バラナシ –> ...–>デリーと,だんだんと都市化を見て言った感じ.一つの国に,これだけの世界があるのか..
      • インド人もそんなに英語はしゃべれない.
      • インド人が非常に多いし,好奇の目でも見られる(i.e., 珍しい)が,危険は感じない.インド人は平和的なのかもしれない.
      • 交渉も,突っぱねるとそれほどしつこくない.概して,好戦的ではない気がする.三宮のお兄ちゃんと大して変わらない.
      • スリに会う様な気もしなかった.盗むよりは,騙すのだろう.
      • 誰が良い人で,誰が騙そうとする人か分からない.良い人には失礼になるが,これはしょうがないだろう(冷たいともいえる).
      • 栄作と来てみたかった.彼は,この世界を見て何を想っただろうか.チャンスがあっただけに,後悔.
    • 2019.10.12@カルカッタ
      • 騙そうとする人は多い.しかし,危険は感じない.
      • 殆ど外国人を見ない.シーズン(11月)前だからか?
      • まぎれの無い貧困.こんなに路上で人が寝起きするのか...
      • 地図を読めないタクシー・ドライバー.地図を読む,という事が既に教育レベルの高さ.
      • というか,カルカッタでドライバーしてて,カルカッタの地形を把握してないってどやねん.
      • その場その場で対応.わからなければ人に聞く,という形で対応してきたのだろう.
      • 良く分からない経済構造.同じ店が並ぶ(よくわからん草).どうやって稼ぐのか?
      • 夜に一人でバーに行くふくしくん.流石.
      • A daughter is winnerの広告.逆に,女の子が望まれない社会の象徴.
      • ハウラー駅へのtaxi. 良く分からん草を売るマーケット.30件くらい?
      • ハウラー駅.外国人用窓口がなくて詰む.途上国の熱気が溢れる.
      • 物価の相場をまだ掴めず.
    • 2019.10.13@バラナシ
      • 外国人窓口の優秀さ.とはいえ,ひどいインターフェイス.IT大国なのに...
      • 概ね,物価は日本の1/10と掴んでくる
      • 込み入った迷子の様な路地がガートへ続く.野良牛が多い.だが,あまり臭くない.掃除してるみたい.
      • 野良犬も多い.しかし,おとなしい.人・バイクが行き交う路地で昼寝.あぶねーだろ...JK
      • シヴァ神をシンボライズする石(リンガ信仰).テレビモニタ越しで見て有難がる.不思議だ...
      • ダシャシュワメードの夜ライブ.真剣に聞き入る人々.この国では,宗教は確かに生きている.
      • 雨季最盛期(8月)から,既に7m水位が下がっている.ホースで泥を洗い流す人々.
      • 11月にかけて,水位はあと3m下がる.全てのガートが繋がる.見て見たかった.水の下の寺院も.
      • マニカルニカ・ガート.女性は入れない.泣くと,死者が救われないから?1日200人.
      • 人が焼ける姿を始めてみた.老人.いつか自分も,こうなる.ガンジスに漬けれた少女の表情.
      • 何故これほどに人が集まっているのか,何をしているのか?何をするでもない人々.
      • あまり悲しそうな雰囲気はない.ヒンドゥーでは,輪廻からの解放が・解脱が最高の幸せ.
      • 死を待つ人の建物には入れず.チキるというか,失礼というか.
      • 2000年続く,シヴァの炎で点火.父親は長男,母親は一番下の息子.頭を,しっぽを残して剃り上げる.
      • 自殺などは,別のガートにて機械的に火葬とのこと.
    • 2019.10.14@バラナシ
      • 沐浴.意外と気持ち悪くない(失礼).上がってすぐにシャワーへ.腹は壊さなかった!
      • 最寄りのスィンディヤー・ガートは,遺族が悲しむガート.やや,場違い.でもしょうがない.
      • 沐浴は2か所が人気(1つはダシャシュワメード).沐浴後にシヴァ神の寺院に参るため.
      • 沐浴しているのは老人が多い.若い人はそれほど多くなさそう.それなりの世代間格差があるのか?
      • バラモンの話を聞きる人々.どんな話をしてるんだろう?
      • カーストの話を普通にするインド人(@ホテル).お前どのカーストだっけ?みたいなのが普通.
      • 「日本にはカーストがいくつあるの?」「ないよ」「えっ」.本当に驚かれる.カーストが当たり前の世界観.
      • ゲストハウスのオーナーの親切が心に沁みる.まだ35歳.良い人かどうかは分からない(猜疑心).
      • 「街のために火葬場があるんじゃない.火葬場のために街があるんだ」
      • タオルと帽子をなくす.自分のケアレスミスに萎える.
      • 大学の美術館が大当たり.かなり早い段階(数世紀)で神様の像が定着.
    • 2019.10.15@アグラ
      • DLH–>AGRの鉄道が非常に快適.朝食付きの至れり尽くせり.外国人も周りに多い(インドにきて初めて).
      • きたっちとゆっくり二人でしゃべる.久しぶりな感覚.楽しいひと時.きたすけの見解多し.
      • オートリキシャのおっちゃんがナイスガイ.友人と二人で10年も一緒に仕事する,というし幸せさ.
      • 「宗教とかの前に,まず自分がいつも笑顔でいる事,これが一番さ.」ふぇええ!
      • 「騙してまで金儲けしたくない.自分に正直でいたい」.イスラムの宗教だけで,人はここまで洗練できるものか???
      • 大理石のお店に連れていかれる.共同体?キックバック?しかし,これは必要ないわー.
      • 生産に携わらない人々(トイレのドアを開けるだけ).GDP/capitaの低さはこれか?したくても仕事がないのか?
      • タージマハル.すげぇし,でけぇ.見る価値の或る建築.美しい.
      • イスラムの影響が大きい.ムガル帝国が強かった為か.また,非常に乾燥している.
      • 子供とクリケット出来ず.先にお金を渡すと友人にはなれない.イスラエルの幼稚園問題と似ている???
      • インド人価格と,外国人価格が分けられている.大体5~10倍くらい.
    • 2019.10.16@ジャイプール
      • 鉄道が遅れる.インドでは良くあること.鉄道もそこまで快適でもなく,車窓もイマイチ.飽きて寝てしまう.
      • この時点で一番豊かな町.物乞いがほとんどいない.
      • オートリキシャのおっちゃん,イスラムの良い人だと思う.ちょっと騙された気分.象も要らないよ..
      • ジャイプール城は絶景.しかし,イスラムの城はなんか似てるね.ウズベキスタンで見た城に似てる.
      • インド映画.言語は全く分からないが,面白い.アクション映画でめちゃ金かけてる.途中のコミック&ダンスがまた良い.
      • ヒンズー寺院.なんか,像がチープな気がするんだよなぁ.インド人が日本の仏像みても一緒かもしれない.美的感覚の違い.
      • KEBAB中のふくし君の話について行くのがつらい.途中で主張が変わるためか?(話の途中で飛びつく)
      • ふくしくんの褒めるパターン.めちゃくちゃ褒められる.
    • 2019.10.17@ジャイプール
      • ポケモンの世界.牛,ラクダ,ヤギ,犬,猫,猿,豚,イノシシ,鳥,鳩
      • 動物が穏やか.人と動物が共存し,触れ合いながら生きている感じ.
      • ガルタの上のラーマ寺院.太陽神.良い奥さん.右手に貰ったミサンガはすぐに切れてしまう.
      • ガルタ越えのおサルさん寺院.ガイドブックには載ってないが,素晴らしい.訪れる価値あり.物乞いの女の子がかわいい.
      • マハラージャは今でもcity palace在住とのこと,高いわりに,特に見るものでもない.
      • 300ルピーの博物館が,なかなかGOOD.値段と良さが,あまり整合していない.特にcity palaceは私有物だからなぁ.
      • イスラム教徒だが,パキスタン人は嫌いらしい.宗教と,国としてのアイデンティティは別の物みたい.
    • 2019.10.18@アムリトサル(シク教)
      • 夜の黄金寺院は非常に幻想的.ポコポコ太鼓,弦楽器,僧侶の生歌が響き渡る.頭にこびりつく.
      • 池の水は...鯉もいるし,汚い気がする.沐浴する気になれず.不死の湖,とのこと.
      • 英語分からないのに説明しようとしてくれる人.宗教の力.
      • 凄い数のお皿とご飯.お金持ってんやろなぁ...
      • アムリトサルの街は綺麗.シク教側から街に投資・貢献している可能性もある.
      • 黄金寺院に集まり,ひれ伏す人々.これは本物や.この時代に,心から宗教を信じるというのはどういう感覚なのか?自分には分からない.
      • パンジャーブ分離.この地方にとっては大問題.大人数の難民が出た模様.
      • 国境の建物(スタジアム).最初から,観客目的でデザインされていたのか???
      • 国境応援合戦.楽しそう.そして盛り上がる人々.これは愛国心が芽生えますわ.
      • 応援合戦時の女性のダンス.高校の運動会みたい.
      • シク教って本当に頭にターバン巻くんや...(小並感)
    • 2019.10.19@デリー
      • 先進的.地下鉄めちゃ綺麗.一部は現代の生産だった.
      • ラール・キラーにて納得のガネーシャを購入.
      • 女性がほとんどサリー着てないし,額のポツもなし.逆に,他の都市ではほとんどサリー.
      • 夜のチャンドリーチョウク.人が多すぎる!街に分け入れば,やっぱりインド.
      • リキシャに乗って,心が悲しくなる.おっちゃん,大変.
      • 殆ど,観光客が買い求めるようなものはない.バザールは,ローカルな人のための本当のマーケット.
      • 相変わらず,同じ店が並ぶ.みかん&みかん&みかん&みかん.もうちょっと離れた方が良いんじゃね?
      • 野良牛は,時々見かける.でも数は少ない.
      • コルカタ・バラナシとの差が激しすぎる.
    • 2019.10.20@デリー
      • デリーの文化圏としてはイスラムな感じ.濃いヒンズー,という感じではない.
      • ジャイナ教の寺院.歌い上げる僧侶.仏教系か?毎日これだと,楽しい宗教やろうなぁ.
      • 遺跡群と小さなタージマハル.まぁこんなもんかって感じ.イスラム建築は,どこか似ている.
  •  メモ
    • 旅行関係
      • おむつ作戦は大成功.軽いし,毎日清潔なパンツを履ける.
      • お腹は,2回壊れかけたが,脂っぽすぎるものを食べたのが原因な気がする.
      • Uberの優秀さ.相場が分からない国で,相場をつかむのに非常に優秀.
    • ヒンドゥー関係
      • 元々は,アーリア人がインドに侵攻した際,現地の細菌でバタバタと死んだため,民族を分けるため.
      • つまり,カーストの興りは,アーリア人が生き残るための文化的生成物.
      • これが,バラモン教・仏教・ヒンドゥー教へと続いていく
      • 左右がシヴァで,縦がヴィシュヌ.
      • 額の印は,第三の目.将来を見通す,とか.
      • ハイパー・ビシュヌ解釈.仏陀もビシュヌの一形態である.ただ,奴は惑わしに来たけど.
      • シヴァ・ビシュヌの化身が多いのは,多くの地域信仰を取り込んでいったから.日本の神様と同様.
  • 仮説
    • 同じ店が並ぶ問題.同じ店が並んでも,売り上げが減るだろう...(e.g. みかん)
      • 他の人が売れているから,説.
      • 「ここに来ればこれがある」みたいな習慣がある,説.
  •  後悔
    • カルカッタ,カーリー寺院のヤギの生贄.初日じゃなければ何とかできたか???
  • 反省
    • ケアレスミスが続く.気を付けないと(VNS–>DLH飛行機 ,ビザ,タオル&帽子の喪失)
  • 勉強課題
    • インド神話.
    • 南アジアの歴史.特に,ムガール帝国の後と植民地化,インド・パキスタン紛争.

 

 

  • kotsuking
  • 理研・計算科学研究センター研究員、文部科学省卓越研究員、気象予報士。
    京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。
    座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です