2019.02.28 [読書] 君たちはどう生きるか

一時期,コンビニによく並んでいた本.しょうもない本かと思ったら,意外と面白かった.
子供向けに書いた人生哲学書の体をしていながら,大人にも通づるところ多し.

中学生の主人公の身の回りに起こることを,親戚のおじさんが解説.
そのおじさんの一言,一言が,深いのだ.刺さる.


  • おじさんの言葉
    • 何かに心を打たれたとき,その意味を吟味することだ
    • 「物事を知る」には,自分が感動したという個人的体験からスタートして考える事.
    • 君自身がまず,人間の立派さがどこにあるのか,君の魂で知ることだ
    • 君が,自分自身を一段高いところにおく,そういう思いあがった風がない事に感心していた
    • 最も大きな過ちは,自分には人の過ちを正す資格があると思いあがっていることだ.
    • 人間の哀れさとは,王位を奪われた国王の哀れさ.誰が,国王でないことに不幸を感じるだろう?つらい事,悲しいことに出会うおかげで,僕たちは本来人間がどういうものであるか知るんだ.
    • 人間が感じる最も辛い苦痛.それは,自分が取り返しのつかない過ちを犯してしまったという意識だ.
    • 誤りは真理に対し,睡眠が目覚めに対するのと,同じ関係にある(ゲーテ).
  • 大人と子供
    • 子供は皆,天動説の様に考える.大人になるにつれ,地動説的に考える事.
  • A.O.
    • 葛藤・迷いなく出した主張.迷いの後に絞り出した答え.これは,後者の方が美しいのだ.

 

 

 

  • kotsuking
  • 理研・計算科学研究センター研究員、文部科学省卓越研究員、気象予報士。
    京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。
    座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です