2018.01.21 [読書] 仕事は楽しいかね

仕事は楽しいかね by デイル・ドーテン

Summary

・良くある過ち: 目標を設定する,生きる姿勢を変える ではない
 –> 人は計画を立てて,それを遂行することに依存しすぎている
 –> 学生モードの思考,目標をしなさい,そうすればAがとれる
・考え方 : コイン投げの達人になる = 明日は今日と違う自分になる = 何を試したかを問う!
   –> 他の人が気付くくらいに新しいことを試す
   –> 他の人と違うゲームをする.右へ倣えはしない
   –> 完璧は十分ではない.まだ試さなければならない
   –> 適切な時,完璧なタイミングなんてない
   –> 新しいアイデアとは,新しい場所に置かれた古いアイデア
・マネジメントの観点から, 人は試すことが好き & 人はチームの要になりたがる

Notes

まず非常に読みやすい.僕は知らなかったが,山中伸弥さんの本でも,苦境な時に読んだ自己啓発本のなかで,良かったと紹介されていたらしい.

コイン投げの達人になる,というのは良い考え方の様に思った.チャンスは日々の中でも訪れるが,やらない癖を付けるのがもったいない.



仕事は楽しいかね? (きこ書房)

  • kotsuking
  • 関東の某国立大学、准教授。他に、JST・さきがけ研究員、理研・客員研究員、気象予報士。京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です