20180425 [読書] 一瞬で人を落とす洗脳術

苫米地英人 一瞬で人を落とす洗脳術

ネタを小出しにされている印象。そういうビジネスモデルなのだろう。
一冊、一冊の情報量は、非常に薄い。
言ってることには情報はある気がするが、もういいかな。


リアルな世界と、人の内部世界は異なる
・なので、他人の内部世界に侵入し、書き換えることが洗脳

1.まずは自分がリラックスする
2.相手との呼吸をシンクロナイズする
・その後で呼吸を遅くする
3.うれしい・幸せで楽しいという情緒をキープする
4.共有空間を支配する
・空間を少し動かす
5基本的にはデジャブを使って内部世界を動かす
・相手の目の間に焦点を合わせる
・焦点の位置を、前後に動かす
・相手の絵がREMを始める=海馬の情報整理領域に入り込める

人の目は
・思い出そうとするとき上を見て
・考えるときに下を見る(自分の場合は右下)

 


メンター制度の、「この時間は小槻君の時間」はいい言葉。
自分がマネージメントになった時も、実践したいところ。

  • kotsuking
  • 関東の某国立大学、准教授。他に、JST・さきがけ研究員、理研・客員研究員、気象予報士。京都大学大学院で博士(工学)を取得。
    スーパーコンピューターを駆使して天気予報の改善に取り組むデータ同化研究者。座右の書は「7つの習慣」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です